ミシン販売・ミシン修理・岡山県・津山市・ミシン専門店です。 選ぶ時も、買った時も,買った後も安心,ミシンの事ならお任せ下さい。

HOME お問い合わせ

修理に関するお問い合わせは、一切致しません
お買い求めの販売店にてご相談下さい。



2月21日
糸調子不良、他各部調整修理

糸調子ダイヤルが、自動となっていますが
自動糸調子ではありません  マニュアルです
メーカーの表現がダメです
標準にすればといつも思います

高機能ミシンには、糸を繰り出す装置、
自動テンションローラーなんていう装置も付いて、自動糸調子機能付きとなっていますが、
使う素材によっては糸調子をマニュアルで操作しないとだめです

工場出荷時 化繊糸ポリエステル糸60♯ 生地は綿ブロードで
上・下糸がつり合うように設定していますが、
いくら高級なミシンでも糸、糸の番手、生地、生地の厚さ、硬さや
使う材料によって糸調子は絶対変化します

又、年数が経つのと、ミシンを使う頻度によっても、糸調子は変化します
詳しく書くと布送りの状態でも糸調子が変わります

まだ完全に自動糸調子のミシンなんて世の中に無いです
工業用ミシンでもありません

よくお客様から、最近のミシンは自動糸調子なんでしょうと言われますが

私はいくら高級なミシンを購入されても
「糸調子は自動ではないですよ」とお話します

本当の事です


2月20日
               

フットコントローラーのコンセントを差し込むとミシンが自動で動きだしびっくりしました
こんな状態は初めてだったので本当にびっくりしました

糸が絡んで全く動かないという事でお店に持って来られたのですが、
来られた時にはそんな事を言われていなかったのに
まさかこれでミシンを使っていたんでしょうか?

原因はモーターコンセントとランプのコンセントを反対に差し込んでいた為でした・・・・


2月14日
ブラザーミシン

せっかく当店に修理を持ち込んでいただいたのに
ある特定部品が供給できないので、修理出来ませんでした残念です

メーカーより部品が、「2004年7月に供給切れの為在庫もなくなっております」と回答されました
ミシン動作等は調整すればOKなんですが

ごく一部の簡単な部品がない為、ミシンが使えなくなるなんてもったいないです


2月12日
新品ミシンの出荷前の画像です

工業用  1本針本縫自動糸切りミシン
JUKI DDL-9000ADS   完全無給タイプのミシンです
下軸・釜・上軸・針棒機構へ全く油の供給が必要のないドライヘッドミシン
縫製加工時、生地への油汚れが一切無いです
また、従来機より布送り力が50%UPし、とても縫いやすい評判の良いミシンです

新品のミシンですが頭部組付け後、ユーザー様の縫い仕様に合わせ
糸調子等をもう一度確認し出荷します



2月6日
ジャノメミシン 当店販売分

まだ2年しか経っていないのにミシン動かないです
悪い部品がありました・・・

当店でお買上後、2年しか経っていないのでもちろん部品も修理代金も無料です

他店で買ったミシンであれば当店規定の修理代金を頂戴します


2月5日
 ブラザーミシンの技術講習会に出席しました。

ミシン本体フレームより
ユニット部品をすべて取り外した画像です
本体カバー・部品ユニットの取り外し方をご指導いただき
その後、各ユニットを組付けそれぞれの調整値を確認していきます

ブラザー工業さんは、昨今でも特約店に対しミシンの技術講習を実施し、
各ディーラー・特約店を教育する姿勢があります
ありがたいものです。

しかし、全く技術講習を実施しない大手メーカーさんもあります・・・本当です


2月1日
2008 大阪ミシンショーへ行ってきました
近年、国内のミシンを使う加工業者が年々減っており
ミシンメーカー、出展者が今年も減少し寂しくなっています

1月29日
         
リッカーミシン  垂直前回転釜マイティシリーズ

ミシン回転不良
返し縫不良
糸調子不良
モーター・タイミングベルト等がユルユルです
年数が経っていますが大丈夫です
修理しました

1月28日
シンガーミシン回転不良
トルク・重さが有るので分解修理
糸調子不良・他点検

ジグザグ縫いの傘ギヤーが割れかかっていますが、まだ使えますヨ!

生地の上にあるのは、部品ではありません
実はカメムシの死骸です
ミシンの下カバーを取り外すと
本当にカメムシの死骸がよくでてきます
・・・


1月26日
工業用ミシン  ペガサス W562-03仕様 
平ベット3本針両面飾りミシン (扁平縫いです)
家庭用ミシンでカバーステッチ縫いというものです。

目飛び不良 出張修理

針・ルーパー・上飾りタイミング
針受け等、各部品の調整修理してきました。

いつもお世話になっている縫製工場のミシンです

オーナーが自己流で何度も
調整を試みたが目飛びが発生し、縫えなかったみたいです。

やはり各タイミングの基本の調整値というものがあります・・・・

「やっぱり本職さん呼ばなアカンな〜」とおっしゃっていました。



1月22日
糸切れ不良
他、点検調整修理
及び内釜破損交換


1月21日
シンガー 3本糸ロックミシン

分解点検 部品交換前の画像です

カバー関係すべて分解後には
モーター駆動関係の点検(ベルト・カーボン等)
各ネジの緩みの点検
針・ルパー関係のタイミング点検
布きり上・下メスの点検
布押え・布送り機構の点検を実施後

カバーを取り付けない状態で、
試縫い実施 糸調子関係の点検をします




1月17日
針棒フレーム前後ガタ付き有り修理
釜の剣先と針がぶつかり針折れが発生します
又、カチカチと音が大きくなります
針が後へ曲がったときにこんな状態が有りますが
今回は針棒フレームのガタツキでした



1月8日
工業ミシンのゲージ交換

このミシンは2本針本縫ミシンです

2/1の針幅(12.5ミリ)に交換中です
ミシンの針の下に釜機構が2ヶ所あります
この釜の位置を左右に動かせますので針幅が変更できます

今年は工業用ミシンの記録も随時UPします


1月7日
ロックミシン分解修理・部品交換・他点検調整

分解修理でお預かりしたミシンは
ミシンカバー関係を外し、必ずエアーブローします